2010年06月20日

おるがん選集 春編 裏面

これも秋編のときの
「公演会場の魅力がアピールできてなかったね。」
という反省を踏まえて、
公演会場の写真を入れ、
キャッチコピーも入れて、
場所がステキだよ、というのを前面に押し出しました。

カフェも開催したので、
その情報もぎゅうぎゅうに詰まっており、
でもこう余白も感じられるレイアウトに
したかったため、
あーでもない、こーでもない、と
考えました。


chirashi-URA02.jpg



おかげさまで満員御礼で公演を終えることができました。
posted by robacs at 12:01| Comment(27) | 宣伝美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おるがん選集 春編

基本的には、秋編と同じデザインにしました。
前回もうちょっとビジュアルを作りこむべきだったね、
という反省があったので、
日本家屋をスタジオとして貸してくださっているところを
お借りして撮影いたしました。

chirashi-omote02.jpg

枠をカラーにしました。
当初の予定では彩度を落として人工着色を
しようかと思っていたのですが、
彩度や明度で加工していたら割とレトロなカンジに
なったのと、
チラシ写真を撮ってから急遽、洋物が演目に加わったため、
着色まですると大正風になりすぎるだろう、
と思って止めました。

真ん中で折ると本みたいになります。
posted by robacs at 11:58| Comment(0) | 宣伝美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

ろばの葉文庫

3連続入稿第2弾は、新ユニット「ろばの葉文庫」です。
ビジュアルを見ていただければわかるように、捨て身です。
写真はいつもは自分で撮るのですが、自分を写すから、ではなく、
本を撮るのに、わたしの実力ではとてもムリ、大好きな写真を撮る
平地みどりさんにお願いしました。

表面は、最初本の画像だけのつもりでしたが、
裏面に使用するつもりだった写真がきれいだったので、
いろんなかたからいろいろ言われるだろーなー、と
思いつつ、表面に使用いたしました。

本はよく見てください。ぜんぶオリジナルで作成しました。
表も裏もちゃんと作っています。
タイトルはわたしとほさかさんの作品です。

ロケ地もちゃんとお願いして中野にある隠れ家カフェをお借りしました。

robanoha-omote.jpg

裏面です。
じつはちょっとだけサイズを間違ってしまい、余白が予定していたのより少なくなってしまいました。わずか5ミリ程度のことですが、ザンネンでなりません。

robanoha-ura.jpg
posted by robacs at 13:11| Comment(32) | 宣伝美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。